クールカントリーウエディングケーキ

これは私が作った最初のウエディングケーキでした。私は2011年10月8日に結婚しました。結婚式を計画しているときに、ウエディングケーキの費用など、多くの問題(ウェディングドレスの破損、写真家が25日で辞めるなど)に遭遇しました。私はいくつかのパン屋と話をしましたが、1つの価格は260人前で415ドル、もう1人は260人前で360ドルでした(装飾のないバタークリームでアイスした白いケーキ)!言うまでもなく、私はそれを支払うつもりはありませんでした!

私がケーキに興味を持ったのは、高校1年生の時からでした。私は家族のためにいくつかのケーキを作りましたが、ウエディングケーキを作るとは思っていませんでした。結局のところ、ケーキのコストが私を自分で作ることに駆り立てました!私は自分のベーキングスキルに自信を持っていました。気になったのはデザインだけでした。



私は妹(メイド・オブ・オナー)の助けを借りて、練習用のケーキを作りました。見栄えがよくないことが判明しました。いくつかのデザインが後になって、私は自分が何を望んでいるのかを知りました–木の板にシンプルなデザインのウエディングケーキ。

次の問題は、ケーキの最下層を保持するのに十分な大きさの木を見つけることでした。運命のように、私たちが世話をしているポニーが住んでいる場所に木が倒れたので、チェーンソー(花婿と将来の義父)をつかんで行きましたそれを切りなさい。

私たちはすべてのピースをカットしました、そして私の父は私たちがそれにリスが必要であると言いました。彼が冗談を言っていたとしても、特に私の国の結婚式をごちゃごちゃではなく上品に見せることに関しては、私はどんな挑戦にも挑戦していました。マイケルの旅の後、私たちはリスだけでなく鳥も飼いました。

すぐに結婚式の週末がやってきました。私たちは金曜日にホールを飾り、ケーキを準備するのに費やしました。私のシンプルなデザインは、プレッシャーの下で達成するのが少し難しいことがわかったので、ブライドジラではなく、各層に花のカスケードを追加し、出来上がり…ケーキは私が想像していたよりも良かった。レセプションを通して、私は一度もケーキについて悪いコメントを受け取ったことは一度もありませんでした、そしてほぼ一年後、人々はまだそれがどれほど良かったかについて話します。

言うまでもなく、私は一人の幸せな花嫁でした!

クールカントリーウエディングケーキ

クールカントリーウエディングケーキ